母と子

とても便利です

赤ちゃんがいる家庭では、少し買い物へ行くだけでも大変だと思います。そんなときは、とにかくインターネット通販でいろいろ揃えるのが一番です。商品の比較検討もすぐにできますし、口コミ情報なども見ることができるので、オススメです。

婦人

育児にかかる手間を減らす

ベビーグッズは育児の効率化を図るだけでなく、赤ちゃんの安全を守るためにも欠かせないものです。例えばベビーゲートがあれば赤ちゃんを火の元から遠ざけることができるのです。また玩具を買う際は赤ちゃんが口に含んでも安全なグッズを選びましょう。

家族

時期と飲ませ方

赤ちゃんは、生後3か月くらいまでは母乳かミルクのみで生活します。その後少しずつ水を飲ませても良いですが、離乳食が始まる5〜6か月頃までは無理にあげなくても大丈夫です。離乳食が始まると便秘になる赤ちゃんもいるので、水分補給を心がけて下さい。

赤ちゃんに必要なもの

赤ちゃん用品

購入の参考に

初めて妊娠した場合には、喜びに満ち溢れ、ちょっとした変化に一喜一憂したり、ワクワクドキドキすることがたくさんあります。お腹が大きくなってきたとき、胎動を感じたとき、マタニティー用品やベビー用品の購入をする際に、実感がわく人も多いことでしょう。特に、ベビー用品は生まれてくる赤ちゃんのことを考えながら購入することもあり、売り場に行くだけでワクワクします。ベビー用品の購入時期は、出産予定日が近いと買い物に行くのが大変になるので、安定期に入った中期から後期に準備を始める人が多いようです。ベビー用品は、小さくてかわいいのでついつい買いすぎてしまいますが、購入する時期と実際に使用する時期がずれていることも多いので、その点を考慮して購入しましょう。購入に迷った場合は通院している産院からの案内やマタニティー雑誌などに、準備すると良いものや目安となる枚数などが記載されているので、参考にすると良いです。生まれたばかりの赤ちゃんは寝たきりですが、汗をかいたりオムツから漏れてしまったりして、1日に数回着替えることが多々あります。ですので、衣類は大人よりも多めに用意しても良いですが、出産祝いでいただくこともあったり、サイズアウトしやすいので、買いすぎには注意が必要です。また、夏は洗濯をしてもすぐに乾くので、少ない枚数をローテーションして着せることができますので、足りない場合は生まれてから購入することもできます。